ウェディングブーケはそのまま保存?ドライフラワーで素敵なインテリアに大変身。

結婚式で配られるお花はどうすればいい?

ブーケに使用される花の種類を把握しよう!

ブーケで使用されるお花の種類や、形などはウェディングドレスのデザインで決めることもあります。

ウェディングブーケで使用されるお花は、オールシーズン手に入るものを選んでいます。
花言葉も意識して、ウェディングに似合うお花の種類を確認してみましょう。

ブーケに使用されることが最も多い花はバラです。
バラはカラーも豊富で、何より花言葉が「愛情」という点でも是非、使いたくなる花です。
見た目も華やかなので、ウェディングドレスとの相性が抜群です。

「雄大な愛」という花言葉の通り、大きくゆったりとした花が特徴的なカサブランカも、上品で華やかな見た目がドレスと似合うと人気です。

ガーベラやカーネーションも小柄で可愛らしく、花言葉にも愛が使われています。
色のバリエーションも多いので、雰囲気に合わせて使えるのも便利です。

花言葉や雰囲気に合わせて選ばれる花はドライフラワーにすることは可能なのでしょうか。

ドライフラワーに向き不向きの花には注意

ウェディングブーケを思い出の品として少しでも長く飾っておきたいと思う人も多いです。
ドライフラワーを普段から作ったことのある人は、花の種類をみてドライフラワーに向いている花か、向いてない花かをその日に判断することができると思います。

ですが、ドライフラワーをあまりやったことがない人にとっては、ただ乾燥させればいいのではと安易に考えてしまいます。

実は、花がどれでもドライフラワーに向いている訳ではなく、向いてない花もあることを知らずに作り始めてしまうのは要注意。

ドライフラワーを上手に作るには、先ずは向いている花と向いてない花、花の特徴などをしっかり把握しておくことが重要です。

ブーケによく使われている、バラは花の色も濃くなり形も少し小さくはなりますがドライフラワーにするには最適な花と言われています。
逆に水分を多く含む花はドライフラワーにするのに時間がかかるので難しいと言われています。


シェアする

B!